セイヨウミツバチの養蜂

明倫まちづくり合同会社では、倉吉の郊外にある遊休農地を使って、セイヨウミツバチの養蜂をしています。遥かに中国山脈を望む、山と畑に囲まれた自然豊かな農地。ここで採れたハチミツを使い、蜂蜜酒ミードを醸造しています。

大自然に囲まれた農場と巣箱

【大自然に囲まれた農場と巣箱】4月、春になり暖かくなってくると、ミツバチの活動が活発になってきます。この時期になると冬を越したミツバチは花の蜜を集めだし、群れもどんどん大きくなっていきます。

4月、春になり暖かくなってくると、ミツバチの活動が活発になってきます。

この時期になると冬を越したミツバチは花の蜜を集めだし、群れもどんどん大きくなっていきます。

巣枠に群がるセイヨウミツバチ

【巣枠に群がるセイヨウミツバチ】

花の蜜を集めている

【花の蜜を集めている】

菜の花の蜜を集めるミツバチ

菜の花の蜜を集めるミツバチ

5月になると、ミツバチたちが集めた春の蜜を絞ります。蜜のたっぷり詰まった巣枠を遠心分離器にかけ、ハチミツを絞ります。

採蜜作業の様子

採蜜作業の様子

巣門から出入りするミツバチ

巣門から出入りするミツバチ

夏が終わる頃から、スズメバチがミツバチを襲いにやってくるようになります。被害を減らすため、トラップを仕掛けたりしてミツバチをまもらなくてはなりません。

トラップで捕らえたスズメバチ

トラップで捕らえたスズメバチ