ニホンミツバチの養蜂

ミツバチ会員になっていただいたみなさんには、家庭の庭先に巣箱を設置してもらいます。
一年を通して巣箱の世話をしてもらい、ニホンミツバチからハチミツをいただきます。

ニホンミツバチは野生の生き物なので、まずは巣箱に入ってもらう必要があります。

春、巣箱にミツロウを塗り、ニホンミツバチが巣箱に入ってくれるのを待ちます。

4月、桜の花が散る頃からミツバチの分蜂が起こり、4月下旬から5月上旬にかけて最も多く巣箱に入ります。
巣箱にミツバチが入らないこともあるので、皆さんワクワクドキドキしながら待っています。

「金凌辺」という花はニホンミツバチを誘う香りを出すので、巣箱の近くに置いておくと効果があります。

ニホンミツバチはおとなしい性格なので、怒らせない限り刺してくることはありません。

しかしデリケートな生き物で、あまり構い過ぎたり気に食わないことがあると巣箱から逃げてしまいます。
うまく世話をすれば冬を越し、次の年も元気に飛び回って蜜を集めてきてくれます。

 

巣箱と金凌辺

巣箱と金凌辺。ミツバチが花に直接群がると受粉して花が散ってしまうため、ネットをかぶせてある。

重箱式巣箱

ミツバチ会員さんのお宅に設置してある重箱式巣箱

巣箱の中のニホンミツバチ

巣箱の中のニホンミツバチ

カラフルな巣箱

カラフルな巣箱

ミツロウ

巣をお湯で煮込み、ミツロウを作る作業。ミツロウを空巣箱に塗るとニホンミツバチが寄ってくる。

ニホンミツバチの分蜂群

ニホンミツバチの分蜂群。これを見つけたら捕獲して、巣箱に住まわせる。